種まきの時期は過ぎていますが、バジルの種をまいてみました。

種を発見

部屋を片付けていたら、野菜やハーブの種がぞくぞく出てきました。

種の画像

ベビーリーフ、チンゲン菜、ロケット(ルッコラ)

種の画像

バジル 3袋

種の画像

大葉 3袋

過去に「プランター菜園をやろう」と思って買ったものです。
結局、封も切らずに放置されていました。

種は全て「発芽率有効期限」切れ

「発芽率有効期限」は余裕で切れています。

有効期限の画像

「19年」…。
2019年ではなく、平成19年(2007年)です。あはは。

まあ、「発芽有効期限」ですもんね。
「発芽期限」切れではないから!( ̄ ̄;
たくさん蒔けば、大丈夫!!

どうでもいい事ですが、有効期限別にまとめてみると

発芽率有効期限「19年(2007年)」

種の画像

バジル、ルッコラ、大葉

発芽率有効期限「21年(2009年)」

種の画像

バジル、大葉

発芽率有効期限「27年(2016年)」

種の画像

チンゲン菜、バジル、ベビーリーフ、大葉

昔買った種の存在を忘れて、
決意を新たにまた買ってしまうパターンですね。

バジルと大葉は毎回購入しています。
大好きか。

種の「まきどき」も過ぎています。

大葉とバジルのまきどきは「4月上旬~7月上旬」。

まきどきの画像

次のまきどきは4月…。
うん、4月にはぜったいに忘れてるね。

もう、いま まくしかありません。

大葉の種は一昼夜水につけます

ネットで調べたところ、大葉の種はまく前に
一昼夜水につけるのが良いそうな。

という訳で、大葉の種。
とりあえず、一袋まきます。(三袋はさすがに多い)
袋から全て小皿に出して

大葉の種の画像

水に浸しました。

大葉の種の画像

種は明日まく事にします。

バジルはすぐにまきました

バジルは、特に「水に浸す」という情報を見なかったので
すぐにまいちゃいました。

後でこちらのサイトを見つけました。
バジルの種も水に浸けて種まきする方法があるみたいです。
バジルの種蒔き (育て方)

種まきの準備

この間、桃を買った時のパッケージ。

準備画像

100均のドライバーで

準備画像

テキトーに穴を開けました。

準備画像

少しでも土がこぼれるのを防ぎたい!
100均の水切りネットをかぶせました。

準備画像

よし。

準備画像

種まき用の土はないので、
花・野菜の土 培養土」を入れて。

準備画像

土の粒が粗いので、種まきには向いてないですね。でもうちにはいまこの土しかない。

土を湿らせます。

準備画像

いざ、種まき

お箸の太い方で穴をあけて
種を指でつまんでパラパラと、3~5粒ずつ入れました。

種まき画像

周りの土を軽くかぶせて、種まき完了!

種まき画像

あとは、土が乾燥しないようにビニール袋をふわっとかけて

種まき画像

窓辺におきました。

種まき画像

あー、早く芽が出ないかな。
待ち遠しいです。

今日蒔いたタネ

袋の裏の画像

  • バジルのタネ
  • 発芽率…75%以上(発芽検定年月より1ヶ年)
  • 発芽率有効期間…19年(2007年)11月現在

ちなみに

まいたバジルの種は、一袋の1/3ぐらい。
まだ大分残っています。
残りは後日、「種を水に浸ける方法」で蒔いてみたいと思います。
バジルの種蒔き (育て方)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする