揚げ物の油を、サラダ油からオリーブオイルに変えました。その油を使った炒め物が絶品です。

最近、サラダ油を使いきったので、
揚げ物の油をオリーブオイルにしてみました。

きっかけは「有元葉子の揚げもの」という本を読んだこと。

有元葉子の揚げもの」より

この本を作る際にしたお約束は、揚げ油はエキストラバージンオリーブオイルか上質のごま油のみをふんだんに使用する、ということです。実はこれがとびきりおいしくて、身体に害のない揚げものを作る「たったひとつの秘密」だからです。

油を変えるだけで、
美味しくて身体にいい(害のない)揚げものができるなんて!
そんな簡単な事なら、やらない手はないですよね。

から揚げを作る時、フライパンになみなみとオリーブオイルを入れた時には
ちょっと「もったいないかな…」と、思ってしまいましたが。^^;

でも、オリーブオイルで揚げたから揚げは
いつもより濃厚で、とても美味しかったです。

この話はこれだけでは終わりません。
さらなる感動がありました。それは、翌日作った炒め物。

私は揚げものをした後、その油をコーヒーフィルターで漉して
炒め物の油として使います。

という訳で、今回オリーブオイルで揚げものをした後も
コーヒーフィルターで漉しておきましたよ。

オリーブオイル

そして、翌日の朝食で作った
「トマトと玉子の炒め物」に、この油を使いました。

トマトと玉子の炒め物画像

この炒め物、すんごく美味しかったです!!

揚げものをした油って、肉の旨みが溶け込んで美味しくなるんですよね。
ただでさえ美味しいのに、それが
サラダ油からオリーブオイルに変えた事によってパワーアップしたように思います。

揚げものも美味しくなるだけではなく、その後の炒め物も美味しくなる。
更に、それが健康にも良い。

多少のお値段には目をつぶりましょう。という心境です。^^
しばらくは、オリーブオイルで揚げもの、続けてみます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする