オイルポットを断捨離しました。揚げ物の後の油はコーヒーフィルターで漉しています。

ずいぶん前になるのですが、オイルポットを断捨離しました。

オイルポットを手放した理由

オイルポットを手放した理由としては、

  1. 一人暮らしにしてはサイズが大きすぎた→邪魔になる。
  2. 洗いづらかった→洗っても洗っても網がベタついている。洗うことがストレスに。
  3. 中の油が見えないので、油が悪くなっていないか確認できなかった。
    →不安なので、オイルポットの油は使わないまま放置。油が古くなる。

でした。

いまは、油はコーヒーフィルターで漉しています。

こんな感じです。↓

油をコーヒーフィルターで漉してる画像

揚げ物の後、油を冷ましてからコーヒーフィルターで漉してるトコロ。

漉した油の画像

中の油がよく見えます。

漉した油の画像

油を漉し終わったトコロ。これを炒め物などに使います。

この方法にして良かった点

  1. 漉した後のコーヒーフィルター(の茶色の台)は、穴が大きいので洗うのが簡単。
  2. 入れ物もガラスの空き瓶なので、これも洗うのが簡単。
  3. 中身が確認できる。→安心して炒め物にどんどん使える。
  4. どんどん使えるから、次の揚げ物をするまでに使い切れる。

結局は、洗いやすいこと、中身が見えること
私にとってはポイントみたいです。

今後の課題

1.保存場所の問題

油は遮光瓶に入れた方がいいらしいのですが、
手持ちの空き瓶に遮光瓶はありません。

完全に光の当たらない場所で保存すると
出し入れが面倒になるので、どうしたものか。

現状は、直射日光が当たらない場所に置いていますが
これでいいものかは謎。

2.使用時に油が垂れる問題

油を使う時、どうしても油が垂れます。
スプーンを使うと垂れませんが、洗い物が増えます。

別に、瓶の口をぬぐったり、スプーンを洗うぐらいは
どうという事はないのですが。

今後の課題です。

「きのう何食べた?」という漫画の中では

私の大好きな漫画「きのう何食べた?」の主人公シロさんは

残った揚げ油は炒めもの用油へ。
「炒めものの油として使い切るまで揚げ物はしないルール。」

「きのう何食べた?」より

なんてやっていました。^^
私もシロさんに影響を受けて、このルールでやっています。
(たまに同じ油で、揚げものを2回やってしまう事もありますが)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする