消費生活センター窓口の対応に驚愕。「担当者が休みなので、明日かけ直してください」?!Σ( ̄ロ ̄lll)いや、「あなたが対応してください!!」

アイキャッチ画像

この記事は、「ヘルシオの蒸し機能が使えない」シリーズの番外編です。

ヘルシオの蒸し機能が使えない⑥ヤフオクでの購入は保証外!過去事例を調べました。
この記事↑で、
消費生活センターに電話したのですが、
その時の窓口対応に怒り爆発でした。

はっきり言って、愚痴です。
ネガティブな感情の赴くまま書いたので
言葉も悪いです。

読みたくない方は、そっと記事を閉じてください。

経緯

数日前、オークショントラブルで
消費生活センターに問い合わせました。

後日、消費生活センターのサイトで
過去事例を探したのですが、見つからず。

見落としの可能性もあるので、念のために窓口に電話で問い合わせました。

消費生活センター窓口の対応に驚愕

消費生活センター窓口に電話すると、
担当者が休みなので、明日かけ直してください。
と言われました!!

え?!Σ( ̄ロ ̄lll)

数日前に対応してくれた担当者が休み。
それはわかりますが、「明日かけ直してください。」とは???
いやいや、「あなたが対応してください!!

なんでも、

  • ひとつの案件につき担当者は一人で、
  • 担当者以外は詳細がわからない。
  • なので、対応できない。

らしいのです。

ありえない。対応できるでしょ、事例検索ぐらい。
少し感情的にやり合いました。

製品やメーカーにかかわらず、
「ヤフオクで購入したものがメーカー保証外といわれた事例」
を探して欲しいだけ。
これは担当者でないと、できない事ですか?

上記を伝えた後、
あちらから「少々お待ちください。」と言われたとき、
いやな予感がしました。

ぜったい長く待たされる

折り返してもらおうと
「ちょっと待っ…」
と言いかけた途中で、保留にされました。

やられた。

ながーーい保留。やっぱりね。耐えられず一旦電話を切りました。
普通は窓口から折り返してくるものだけど、折り返しの電話はなし。

こちらからかけ直すと
「込み合っておりますので、しばらく経ってからおかけ直しください」
のメッセージ。

出るまでかけ直すこと、4回。

さっきとは違う人が電話に出たので、替わってもらいました。

電話の人:「お電話が切れていたようなので…。」

わたし:「はい、(もういいです。)どうでしたか?」

電話の人:「オーブンレンジで探しましたが、ありませんでした。」

わたし:「は?あの、製品にかかわらずって、お願いしましたよね?(-"-怒)」

オーブンレンジで絞り込んだら、ヒットするものもヒットしないでしょう!
下手か!!!(←心の声です)

電話の人:「あなたの見ているページと同じところを見ているので、結果は同じです。」

電話の人:「ですから、担当でないと詳細がわからないので…。」

そんな事を言われました。

わたし:「はい、わかりました。(-"-諦)」

わたしと同じ検索結果なら、1つ該当するものがあったはず。
(リンク切れだったけど)

オーブンレンジで絞り込んでるから、出てこないんですよ!

それを伝えてやり直してもらったところで、
この人の対応は全く信用できない。
もう、これ以上話すのは無駄…。そう思いました。

(電話終了)

なんでしょう、なんでしょう、なんでしょう…。この対応。
お粗末すぎる。怒りがメラメラと沸いてきました。

  • 「担当者が休み」なのは、そちらの都合。
  • 「担当者以外詳細がわからない」のも、体制を整えていないそちらの都合。
  • なのに、こちらに電話をかけ直させる。
  • 堂々と対応できないと言い切る。代替案を出さない。
  • 保留が長い。長くなっても状況報告を入れない。
  • 電話が切れても折り返さない。
  • 詳細がわからないからの一点張り。(詳細不要なのに)
  • 人の話を聞いていない。(なのに、謝りもせず的外れないい訳。)
  • たぶん、私の事を「無理を言う困った人」と思っている。

いろいろ書きましたが、

  • 自分(消費生活センター側)ファースト。
  • ミスを謝らず、的外れないい訳。

という2点が、一番腹が立ちました。

クレームに発展してもおかしくないケースです。
消費生活センターに「顧客満足度」の意識は無いのでしょうか。
無いんでしょうね…。
そもそも、顧客ではない、のか…?

私も以前、顧客対応をする部署に10年以上勤務していました。
組織のルールに従って対応するという事はわかります。

しかし、その組織のルールがあまりにひどい
そして、担当者個人の対応がまたひどい

ダブルでひどい!!

つい熱くなってしまいました…。
今年、一番頭に血が上った出来事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする