「きょうの料理」で紹介された、そうめんのコツ。光熱費節約で、吹きこぼれ無し!

そうめんの画像

「きょうの料理」で、ほりえさわこさんが紹介されていたそうめんのコツです。
美味しいし、光熱費の節約にもなるので、毎回この方法でそうめんを茹でています。^^

そうめんの茹で方のコツ

1.そうめんに対し、10倍のお湯を沸かします。

例)

  • そうめん 3ワ(150g)
  • お湯 1.5リットル

お湯を沸かすときは、必ず鍋に蓋をして沸かす事が基本です。
部屋の中が暑くなってしまうので。(byほりえさわこさん)

2.お湯が沸騰しているところにそうめんを入れて、よく混ぜます。

3.混ぜたら、すぐに火を止めます
 火を止めてからも箸で8~10回混ぜます。

4.そしてこのまま、そうめんの表示の時間通り、余熱で火を通します

ポイント火を止めてそうめんをゆでることで
ふきこぼれが防げる!

たっぷりのお湯なので、そんなに急には冷めませんから、
2~3分ならいけます。(byほりえさわこさん)

5.そうめんの表示の時間が経ったら、
そうめんをひと混ぜして、ざるにあけます。

うちは人数が多いので、ざるにあけたら
お湯はボウルにとっておきます。
「おかわり!」と言われた時に
すぐに沸かしなおせるように。(byほりえさわこさん)

6.ボウルにためた水の中に、そうめんをざるごと入れます。
そうめんを箸でぐるぐる回しながら、1回ゆすぎます。

7.ボウルの水を捨て、もう1度水を張って、
粗熱が取れるまで箸で混ぜます。(水は流しながら)

8.粗熱が取れたら水を止め、
ぬめりが取れるまで、手でもみ洗いします。

そうめんって、ちぎれないんですよ。
(もみ洗いしながら)こんなにしちゃった方が
ぬめりが取れますよ。(byほりえさわこさん)

9.もみ洗いしたら、ざるごとそうめんを氷水につけます。

氷も上から入れないで、ざるの外側の方がいいです。
氷が入っちゃうと、そうめんがびしょびしょになっちゃいますので。
(byほりえさわこさん)

薬味のコツ

1.上記「そうめんの茹で方」9.の、氷水につけたそうめんの上に薬味を入れます。

2.冷たい水の中でさらしながら、薬味とそうめんを手で混ぜます。

3.水気を切ります。

ポイントあらかじめ薬味を混ぜておくと
最後まで薬味を均一に食べられる!
このそうめんのコツが紹介されていた
「薬味たっぷりそうめん」のレシピはこちらです。
「自家製めんつゆ」の作り方も紹介されていますよ。^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする