私の必需品、鉄サプリ。今回は「 アドバンスドフェロケル」を買ってみました。

サプリメント画像

私は貧血ぎみなので、鉄サプリがかかせません。
今まで飲んでいた鉄サプリが無くなったので、新たに購入しました。

今まで飲んでいたのが「Iron(ビスグリシン酸鉄)36mg 90粒」、
今回購入したのが「アドバンスドフェロケル 27mg 180タブレット」です。

アドバンスドフェロケルを選んだ理由

Ironでも全く問題なかったのですが、アドバンスドフェロケルを選んだ理由としては

値段が300円ぐらいしか違わない(アドバンスドフェロケルの方が高い)こと、
粒の数が倍あること

が決めてででした。

1粒あたりの鉄の含有量はIronの方が高いのですが、細く長く続けたいので、1日1粒で半年もつ、アドバンスドフェロケルを選びました。

でも、フェロケルって、なんでしょう??

フェロケルとは

フェロケル、知らなかったので調べてみました。

フェロケルは、アルビオン社特許の「アミノ酸キレート鉄」です。

こちらのサイトの説明が、大変わかりやすく参考になりました。
アミノ酸キレート鉄「フェロケル」について 鉄はキレート化させると吸収しやすくなる

フェロケルはAlbion Laboratoriesという会社の登録商標になっています。

この会社が特許を取った製法にフェロケルという名称が付いていて、このフェロケル製法で作られたキレート鉄(成分中にフェロケルという記載があります)のサプリメント製品が、海外ではいくつか発売されています。

アミノ酸キレートってなに?

アミノ酸でキレート化した鉄のこと。

キレート化ってなに?

吸収されにくい養分を吸収しやすくする仕組みの説明によく使われる。 キレートとは、ギリシャ語で「カニのハサミ」という意味で、吸収されにくい養分をアミノ酸や有機酸によってカニバサミのようにはさみ込んで、吸収されやすい形に変えたり、反対に有害物質を無害化したりする。

引用:キレート化・錯体_現代農業用語集 – ルーラル電子図書館

ほうほう…。
だから、胃にやさしく、吸収率も高いと、Amazonレビューでも大絶賛なんですね。
便秘にもならないらしいです。
私、病院から処方される鉄剤だと便秘になるので、便秘しないのは助かります。

いま気づいたけど

あれ、今まで飲んでいたIronもキレート鉄だ(←!)

知らなかった…。Iron、ヘム鉄だとばかり思っていました。
「ビスグリシン酸鉄」って、フェロケルと同じ成分なんですね。

今回、商品名に聞きなれない「フェロケル」とあったので調べてみましたが、知らず知らずのうちに、フェロケルと同様のものを飲んでいたようです^^

発注から届くまでにかかった日数のメモ書き

11月14日にAmazonマーケットプレイスの「セルウェーダイレクト」へ発注。
11月21日に届きました。

梱包画像

という訳で、しばらく飲んでみます。

アドバンスドフェロケルは、ビタミンCや葉酸、ビタミンB-12、カルシウムも成分に入っているのでちょっとお得感もあります。まあ、目的は鉄なので、おまけのようなものですが^^

アドバンスドフェロケル、しばらく飲んでみます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする